投稿日:

ドーソン2日目朝の散歩

ドーソン、2日目は7時前には目が覚めていたので朝の散歩に出ることにしました。

まずはビーチに行く前にドーソンのメインの置屋通りのあたりを見てみることにします。

行ってみてびっくり。

入り口にあったニャギが無くなっていました。

昔はこのニャギですごくかわいい巨乳のギャルを呼んでもらって楽しんだ覚えがありました。

ヤク中っぽい感じでしたが、可愛くて最高にいい体をしてたのを覚えています。

今回もこのニャギで遊ぼうと思いましたが、そこには大きなホテルが建っていました。

メインストリートの入口なので最高の立地です。

このホテルに後日宿泊することになります。

ビーチ沿いを歩いていると気持ちいいです。

基本的にはやりに来ているのですが、こういうビーチの雰囲気も魅力的ですね。

まぁ、ただやるだけではなく精神的にも癒やされますよ。

そのようにして散歩していると、海沿いの食堂のおばちゃんから声が。

「食事していかないか?」とのこと。

ただ、メニューなどが無いので困っていると、何か「チャオでいいか?」と聞いてきます。

「いいよ」と答えると、おばちゃんはどこかに行ってしまいました。

その後海を眺めながらのんびりしていると、20分程度でおばちゃんが帰ってきました。

チャオとはどうやらおかゆのことだったようです。

エビも入っていてなかなか美味です。

そこでついでにココナッツもすすめられて、それも飲むことにしました。

ココナッツはお腹の調子も良くなるらしいので、よく飲んでいました。

結局、チャオ30,000ドン+ココナツ30,000ドンの60,000ドンでした。

300円くらいですかね。

さらに散歩をしていると、昨日の海が見える食堂のバァちゃんから一声かけられました。

朝は売店をやっているようで、フランスパンはどうだとすすめられます。

まぁ、おかゆだけでは足りていなかったのでフランスパンももらうことにしました。

卵を挟んで20000ドン。

100円でしたね。

追加で飲み物もとのことだったので、レッドブルを飲みながらのんびりしていました。

ベンチに座って海を眺めていると、半端なくカニの売込みに来ます。

一人のお兄ちゃんは20分くらいカニを売ろうと粘ってました。

いやいや、朝からカニって。

しかもカニだけ単体で渡されても…(笑)

さらにガンガンカニの売り込みが来ます。

結局、1時間弱なんだかんだで売店にいたあとにホテルへ戻りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です