投稿日:

ドーソンはどこに泊まるべきか

ドーソンで遊ぶ時にひとつ考えておくべきことは宿泊先をどうするかということです。

宿泊先としては大きくホテルとニャギがあります。

コストパフォーマンスを考えるなら断然ニャギになります。

ニャギなら1000円程度で2食付きのところもあります。

また、ニャギはボロいところも中にはありますが、ホアクックや自分がおすすめしている最高のニャギを選べば部屋はホテルと遜色がありません。

それを考えると、お金を節約したいなら断然ニャギです。

しかし、ニャギには絶対向かないタイプの人がいます。

それは

①人と極力コミュニケーションを取りたくない
②日本人と海外風俗の場で会いたくない

という人です。

ニャギは日本でいう民宿のような世界なので、食事を作っているおばちゃんや従業員が積極的に話しかけてきたりします。

当然、こちらはベトナム語なんか分からないのですが、そんなことはお構いなしです。

また、ドーソンはすでに日本人の中ではかなり有名な海外風俗のスポットになっています。

まぁ、これだけのアクセスの良さとコストパフォーマンス、そして女の子の質がそろっていれば当然海外風俗好きではこの天国を見逃すはずがありません。

結果、ドーソンのニャギには日本人が宿泊している可能性が高くなります。

また、一緒に食事をすることになるので、ある程度のコミュニケーションを取ることになります。

これが嫌だという人はニャギは向きません。

コストパフォーマンスは悪くなりますが、ホテルを探しましょう。

では、ホテルについてです。

個人的な感想としては、ドーソンに始めていくのであれば、初日のホテルが決まっていた方が不安が無いと思います。

ドーソンに慣れてからであれば十分自分でお好みのホテルやニャギをチョイスすることもできますが。

安心して旅をするために最初の一泊はホテル予約サイトで事前にホテルを取っていた方がいいのではないかと思います。

その際に予約をおすすめするホテルは2つあります。

1つがハイアウホテル、2つ目がホアポンホテルです。

両方とも海にもニャギのメインストリートにも近いという立地条件になっています。

しかもニャギの通りには面していないので、夜は静かに過ごすことが出来ます。

とりあえず、ドーソンに行くときは一泊目だけはこれらのホテルを予約しておいきましょう。

その後、状況を把握して、他のホテルやニャギに移動するということでもいいかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です